2007年07月21日

ULTICUT UPS!

はじめてULTICUT UPS!のDJセットを見たのは、かれら
の12"[CUT UP EP」を引っさげて行われた全国5カ所
をまわるツアーの初日?徳島だったと思う。2002〜3年
くらいのことだったかな。

一見、DJなの?っていう風貌の宮田くんと太くてタフな
風貌の田原くん、見た目もインパクトあったな。

12"だけでツアーするのも無茶なら、はじめてプレイを
見るのがツアーの初日っていうのも無茶。でも、それは
その前にリリースしていたミックステープが尋常じゃない
良い仕上がりで、UKのファンクマガジン「BIG DADDY」
にだいだい的に取り上げられたくらい。そのテープに
収録されたミックスを再現するっていう彼らの言葉を
信じたから。


その言葉に全く嘘はなかった。初めて彼らのプレスを見た
時は、かなりぶっとばされた。3ターンテーブル&2ミキ
サーで次から次へとレコードをカット&ミックスして
いく様はただただ圧巻。ターンテーブリストとも違う、
踊らせる為のピュアなライヴ・メガミックス。

ただ、曲をミックスしていくだけじゃなく、きちんと
メガミックス流儀にのっとって細かいネタをスクラッチ
を交えてカットアップし構成している。凄いと思った。
割りと頭の固い俺も納得のプレイだった。しかも、フロア
にいるBボーイやギャルまで踊らされちゃってる。仕事柄
様々なDJを体感してきたけど、久々震えがくるくらい
興奮したのを覚えてます。


今でこそ2DJスタイルは当たり前だけど、シャドウ&
ケミスト以降、そのスタイルというかメガミックスを
わかった上で、きちんと継承してるDJはいなかったはず。
まだ、2メニーDJ'sも出てきていなかったし。彼ら以外
では、HOMECUTくらいだったと思う。

そもそも、リキッドルームで行われたシャドウ&ケミ
ストのショーもDJプレイ以前にメガミックスという概念
があったはず。それをファンクの7インチでやったこと
で、ヒップホップの本質みたいなものをさらけだした
ことに意味があったと個人的には思う。実際、アメリカ
でのプレイでは、スタインスキーが参加してた訳だし。

話はずれましたが、その後、彼らはハイクオリティー
なミックスCDを量産し、ことごとくヒットさせている。
そして、満を持して彼ら自身の作品を世に問う訳ですが、
キラキラ感とか、エロかわいい感じとか、ジャジーとか、
奇麗目な感じとか、そういうのはどうでもいいんで、
グランドマスターフラッシュ〜ダブルD&スタインスキー
〜コールドカット〜シャドウ&ケミスト〜フォースオブ
ネイチャー〜と続くヒップホップにおけるレッスン系の
DJスタイルを継承したまっすぐな作品として受け入れて
もらえたら嬉しいなと思います。最先端では無いけど確実
に10年後も聴ける楽曲ばかりだと思いますよ。

そういえば昔JETSETのHPにアップされたインタビュー
あったんでアップしておきます。



posted by EC at 08:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

「CUT UP CD」

GINGER DOES'EM ALLに続き、PHUNK INCからリリース
は、パーティーグループを生み出す超絶スキルの2DJ’S
ULTICUT UPS!!とLATIN RAS KAZと共にEDITORという
肩書きを持つ数少ないクリエイター、MATSUMOTO
HISATAAKAA
のWネーム・アルバム「CUT UP CD」だ!

04年にDELICからリリースされ爆発的セールスを記録した
CUT UP EPのCD化(×2新曲)。今聴いても、10年後に
聴いても色褪せない極上、極太、極悪(C.ヒサターカー)
なビートがたっぷり収録されています。手前味噌ですが
最高としか言えません。

これから何回かに分けてリリースまでの経緯を書いていきます。

まずは彼らのLIVE映像をどうぞ!僕は、最初に彼らの
DJ=LIVEを見た時ぶっとばされました。



posted by EC at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

NICHOLAS TAYLOR

PHUNK INC.の第一弾リリースであるNYCのリヴィング・
レジェンド!DEATH COMET CREWのDJ、HIGH PRIEST
彼はDJだけではなく、バンドマンでありフォトグラファ
ーでもある。

彼の話によると、80年代のNYCクラブは、サロン的な役割
を担っていて、DJやアーティスト、建築家、画家、アス
リート、、、、様々な人種が交流していたらしい。

日本で言ったら、六本木「キャンティー」みたいなものか?!

そのクラブ・サークルで知り合ったJ.M.バスキアとGREY
を結成し(DCCには、その後に加入)、その後も友達として
彼の写真や当時のカルチャーを独自の目線で切り取って
きた彼のエキシヴィジョンの模様がハニカムにアップされた。

昨年、MICROOFFICEで行われたワンオフ・
パーティーでも、フォトや試作段階だったバスキアTを
展示したプチ・エキシヴィジョンだったが、今回、
コペンハーゲンで行われたものはかなり大規模なもの
だったらしい。見てみたかったな。

凄まじい経歴を持つのに、全く気取らないフランクな
人柄なNIKさん。DCC初来日時に一番最後までSALOON
でDJし、朝方ホテルまでタクシーで送ったんですが、
疲れてるのに、満面の笑みとたどたどしい日本語で
ホテルまでの道のりを説明する彼をみて運転手さんが
「とてもいい方ですね。あの人を嫌いになる人は
いないでしょうね」って言ったのを今でも覚えて
ます。

今年の夏にヴァケーションで来日する予定なので、
プチ・パーティーを企画中です。詳細が決まり次第
アップします。


p_02.jpg



posted by EC at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

NAPSTAR

GINGER DOES'EM ALLの「GET IT」好評発売中です!!

NAPSTARからの配信もスタートしました。データ派は、
こちらからアクセスしてみて下さいね。

さらに、NAPSTARにてGINGER DOES'EM ALL選曲の
チャートも6/22以降アップされる予定です。彼がどんな
曲にインスパイアされているのか?その断片を知ること
ができます!

試聴はこちらから。
posted by EC at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

bounce

プレス情報です!今月末配布の『bounce』1P企画
JBの追悼連載『JB生存説』にGINGERが登場します!

JBはまだ生きてるという仮説の元に様々なクリエイタ
ーがJBについて語るという面白真面目な企画です。

彼なりのJB観を知っていただける良い機会だと思い
ますのでお近くのタワーレコードで是非ゲットして
みてくださいね。


DELCATESSENにて12"やMINI CDお買い上げの方に
限定で本人によるコンピCDRをプレゼントさせていた
だきます。数に限りがあるのでお早めに。

posted by EC at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

12"

DELIC RECORDSからCISCO経由で12”のリリースも決定
しました。6/6、CDと同時発売になります。

Ginger does'em all EP 12" DLP-020 1470(TAX-IN)
SIDE A
1.GET IT 3:56
2.GET IT
(EXTENDED MIX) 5:56
3.GET IT
(RIOW ARAI REMIX) 5:22

SIDE B
1.GOOD BYE STRAW HAT 3:39
2.GOOD BYE STRAW HAT 3:09
(RECONSTRACTED BY CAPPABLACK)
3.THANKS FOR YOUR LOVE 5:37 (12" ONLY)

★LIMITED EDITION 500★

詳しくは、http://delic.seesaa.net/
posted by EC at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

GET IT

今までDELICが精力的に紹介してきたエディット/カット
アップ/ブレイクス&ビーツを駆使した新進のクリエイタ
ー、ダズ・エム・オール君を改めて紹介します。

既存のジャンル(この言葉は好きじゃない)にあるフォ
ーマットにのらない先鋭的なサウンド。確実に言えるのは
黒人音楽が好き過ぎるジンジャー君の"粋”みたいなもの
が表現されてる作品です。かなりくさい言い方ですが、
それを心や魂と呼ぶならこの作品は、彼なりのソウル・
ミュージックだと僕は思っています。ジャンルという
意味ではなく、本質的な意味でのソウル・ミュージック。
そして、他に類をみないスタイルという意味では、
確実にニューウェイヴだと思っています。

Riow Arai氏、Cappablack氏のリミックスもオリジナル
を超えた本当の意味での素晴らしいリミックス作品に
仕上げられています。マスタリングで試聴したらオリジ
ナル作品同様震えるような気持ちよさがありました。

あくまで紹介者である僕の意見でしかないので、少し
でも気になったら是非手にとって御試聴下さい。
ガチガチにならず頭を柔らかくして聴くととても先鋭的
な音楽だって思ってもらえすはず、だと信じています。

++++++++++++++++++++++++

GINGER DOES'EM ALL / GET IT

DDCD-5006 

定価 ¥1500/税抜き価格¥1429

緻密なエディット/カットアップ/コラージュで編み上げた
ジンジャー・ダズエム・オールによるソウルフル・ブレイ
クス&ビーツ。

うねるベース・ライン、ファンクとしかいいようのない
ドラム、カットアップ・ヴォイス・サンプル、サイケデ
リックなダブ・ミックス〜バンド・サウンドを彷彿と
させる大胆かつ緻密なエディット/カットアップ/コラ
ージュで編み上げられたラップトップ・ミュージックだ。

ハウス、ヒップホップ、ブレイクス&ビーツ(?)既存
のジャンルには収まらないジンジャー・ダズエム・
オールによる4枚目となるミニ・アルバム『GET IT』。

彼のビートに共鳴したRIOW ARAIとCAPPABLACKの
リミックスを収録。

1.LOW DAY(LAY MORE)
2.GET IT(Extended Mix)
3.GOOD BYE STRAW HAT
4.BIRDRIB(Extended Dub Mix)
5.GET IT(Riow Arai Remix)
6.GOOD BYE STRAW HAT
(Reconstracted by Cappablack )


06/06発売予定です。

本人コメントはこちら
HMV


++++++++++++++++++++++++
超限定の12”シングルはDELIC RECORDSから5月末に
発売予定です。
posted by EC at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

NEW RELEASE

昨年、DELIC RECORDSよりリリースしたコンピレーションアルバム『NUMBER PIECES2』から発生した新しい才能のひとつGinger does'em all。彼のミニアルバム
が6月6日に発売されます。

MINI ALBUM 『Ginger does'em all/GET IT』
DDCD5006 税込1500円

全6曲

HIPHOP/BREAKBEATS/CROSSOVER


愛する全ての黒人音楽を「ひとつ」にしたいという思いを、緻密なカット・アップとコラージュで編み上げた黒いエレクトロニカ、あるいは、カットアップ・ブレイクス&ビーツ。ブレイクビーツという言葉だけでスルーして欲しくない新しい才能の登場だ!

過去3枚の作品でポップ・リスナーからクラブ・リスナーまでを虜にした<Ginger does'em all>が<DELIC RECORDS>ヘ移籍し発表するフォース・ミニ・アルバム『GET IT』。

ジャズ、ソウル、ファンク、ディスコetc、、、が散りばめられた緻密なカットアップとヒップホップを主軸としたビートが、ダビーなミックス処理と共に絶えず変化し展開していく様は圧巻。まるで歌が聴こえて来るようなインストゥルメンタルブレイクス&ビーツだ。

敢て言葉にするなら、<黒いエレクトロニカ>、あるいは、<カットアップ・ブレイクス&ビーツ>。既存のジャンルには収まらない先鋭的なエレクトロニック・サウンドだ。

ロッキン、ジャジー、ファンキー、メロウなどサウンドの表層を言い表すキーワードを超えたフロア・キラー・チューンからソウルフルなメロウ・チューンがずらりと並ぶ。

過去作品には、米ソウル界の大物<レオン・ウエア>やJヒップホップ界の異才<シンゴ02>がコメントを寄せている。




<PROFILE>

ジャズ、ソウル、ファンク、アフロ、ラテン、ヒップホップ、ハウス、ブレイクス&ビーツetc,,,僕が愛する全ての黒人音楽を「ひとつ」にしたい。様々な矛盾や相反性を包括したオーガニックで先鋭的な音を作りたい。サンプリングはその為のひとつの手段に過ぎない。ーGinger does'em all

元バンド・マンの彼がサンプラーを手にした事からビート・メイキングをスタート。溢れる才能が遂に開花し、03年、インディー・レーベル<BLUNTONE>からミニ・アルバム『エコー・フリー!』をリリース。各音楽雑誌から熱いリアクションを得た。

2004年、セカンド・ミ二・アルバム『フィーヴァー・イン・リズム』をリリース。<bounce>が選ぶ2004年の名盤に選出された。

05年、過去2枚の集大成とも言えるフル・アルバム『ノーズ・リヴァース・オン』をリリース。<SHINGO02>がコメントを寄せている。このアルバムがきっかけで<DELIC RECORDS>ヘ移籍、本作品のリリースとなった。今年にはセカンド・アルバムをリリース予定。


ddcd-5005-1.gif


NRO-J.gif
posted by EC at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

DJ HIGH PRIEST PLAY~

自身のブランドも好評なDJ HIGH PRIEST氏が
なんと!アナログでのDJプレイを決行!
その模様が氏のHPにアップされています!!

http://www.djhighpriest.com/tonicaa.html


+++++++++++++++++++++++++++++++++++

DJ HIGH PRIEST AKA NICHOLAS TAYLORの新ブランドが
人気ブログ「HONEYEE.COM」にて販売開始!!
氏の貴重なプロフィールと共にクール過ぎるTシャツの数々
が紹介されています!!

http://www.honeyee.com/think/2006/nicholas/index.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

book.jpg

雑誌「HUGE」にDJ HIGH PRIEST AKA NICHOLAS TAYLORの
記事が掲載されています。

http://www.kodansha.co.jp/huge/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

氏が参加するDEATH COMET CREWの初来日公演を収録した
貴重なLIVE盤も07年リリース予定!!乞うご期待!!


posted by EC at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

謹賀新年

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。
本年も宜しくお願い致します。

今年は昨年以上にエッジの効いた作品を
紹介できるよう精進していく所存です。

変わらぬご愛顧の程宜しくお願い致します。


PHUNK INC./DELIC RECORDS

石山 義明
posted by EC at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。