2007年06月25日

NICHOLAS TAYLOR

PHUNK INC.の第一弾リリースであるNYCのリヴィング・
レジェンド!DEATH COMET CREWのDJ、HIGH PRIEST
彼はDJだけではなく、バンドマンでありフォトグラファ
ーでもある。

彼の話によると、80年代のNYCクラブは、サロン的な役割
を担っていて、DJやアーティスト、建築家、画家、アス
リート、、、、様々な人種が交流していたらしい。

日本で言ったら、六本木「キャンティー」みたいなものか?!

そのクラブ・サークルで知り合ったJ.M.バスキアとGREY
を結成し(DCCには、その後に加入)、その後も友達として
彼の写真や当時のカルチャーを独自の目線で切り取って
きた彼のエキシヴィジョンの模様がハニカムにアップされた。

昨年、MICROOFFICEで行われたワンオフ・
パーティーでも、フォトや試作段階だったバスキアTを
展示したプチ・エキシヴィジョンだったが、今回、
コペンハーゲンで行われたものはかなり大規模なもの
だったらしい。見てみたかったな。

凄まじい経歴を持つのに、全く気取らないフランクな
人柄なNIKさん。DCC初来日時に一番最後までSALOON
でDJし、朝方ホテルまでタクシーで送ったんですが、
疲れてるのに、満面の笑みとたどたどしい日本語で
ホテルまでの道のりを説明する彼をみて運転手さんが
「とてもいい方ですね。あの人を嫌いになる人は
いないでしょうね」って言ったのを今でも覚えて
ます。

今年の夏にヴァケーションで来日する予定なので、
プチ・パーティーを企画中です。詳細が決まり次第
アップします。


p_02.jpg



posted by EC at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。