2006年04月25日

プレス・リリース

宇田川町を中心に全国のヴァイナル・ラヴァーに爆発的な支持を集めているDELIC RECORDSの既発楽曲をヴァージョン・アップすべく国内外のクリエイターが集結。御大から次世代を担う新進のビート・クリエイターが一同に介しリミックスの競演が実現!

「エディット」、「サンプリング」といった古くて新しい手法をもとに現在進行形のブレイクス&ビーツをレコードというメディアにこだわりリリースを続けるDELIC RECORDS。多くのDJに支持され即ソールド・アウトとなったヴァイナルに納められたクラブ・クラシックと言える楽曲の数々を納めたレーベル・サンプラー的コンピレーションCD「NUMBER PIECES」。その続編とも言えるリミックス集がこの「RIMIXES OF PIECES」だ。ジャジー/ファンキーを超えたオリジナルなインスト・ブレイクス&ビーツが満載!!!

★参加リミキサー紹介

今年PヴァインからデビューしポストNUJABESの地位を獲得し一躍シーンの最前線に踊り出たブレイクビーツ集団、AYB FORCE。クラブ・シーンでは絶大な人気を誇るJAZZY SPORT CREWであり自身のソロアルバムもリリース直前の大注目ジャジー・ヒップホップDJ&ビート・メイカー、DJ KOU-G AKA GROOVEMAN SPOT。日本が世界に誇る「EDIT」クリエイター、LATIN RAS KAZ。AYB FORCEのメンバーでもあり西日本を代表する「EDIT」クリエイター、MATSUMOTO HISATAAKAA。FATBOY SLIMやDJ FOODらも絶賛するUKのファンキーブレイクビーツ・クリエイター、DR.RUBBERFUNK。大人気KAKUBARYTHMからのアルバムも好評なファンシーかつファンキーなブレイクス&ビーツ・クリエイター、MU-STARS。DELICでもおなじみのUKのアンダーグラウンド・シーンで活躍するBボーイ・ブレイクス&ビーツ・クリエイター、DJ DREN。ポストDJシャドウという評価を超えた、幻想的で独特なブレイクス&ビーツを生み出しBボーイからヘッズまでを虜にしたUSAのビート・クリエイター、COURAL。そして、前作に続きMACK THE KNIFE AKA FREDDY FRESHがオリジナル・トラックで参加!
posted by EC at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。